~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~

哀しみと苦しみの中で生きるということ * another story

29306724163_1cdc4eca7a_z.jpg
photo credit:mclcbooks via Flickr (license)



白色の自己主張 ~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~



                    *



                  325通目



                    *



オトナの土ドラ『さくらの親子丼』1杯目に、こんな場面があった。
http://tokai-tv.com/oyakodon/



                    *



東京の下町にある古書店『九十九堂書店』を営む九十九(つくも)さくらは
http://tokai-tv.com/oyakodon/chart/

住居を兼ねた店の奥にある
訪れる人たちが『たまりば』と呼ぶ場所で

一人一日一杯できたての親子丼を振る舞っている。



16年前

ファミリーレストランでアルバイトをしていた
高校生の息子 悠平(ゆうへい)。

お腹を空かせてステーキを食べに来ていたシングルマザーの少女が
(無銭飲食なのかどうかはまだドラマでは描かれていない)

向かいの席で寝かせていた赤ちゃんの鳴き声にカッとなり
ゆっくり食べられないことへのイライラや邪魔な存在だからと

ステーキナイフで刺そうとしたところを止めに入った。



揉み合いになり
倒れ込んだ拍子に持っていたナイフが刺さって
悠平は帰らぬ人に。



その後少女の裁判を経て事件の背景を知ったさくらは

貧困が
空腹が
孤立が人を追い詰めてしまうと考え

『たまりば』で親子丼を無料で振る舞い
素性や訳は問わずに言葉を掛け
話に耳を傾け

競馬好きで
プロレスラー藤波辰爾(ふじなみ たつみ)さんを神様のように思い

『たまりば』に訪れるやんちゃな連中が食ってかかるようならゴングが鳴り
『かかってこいや』と応戦する血気盛んなところがありつつも

家庭や社会で居場所をなくした人たちを
彼らが何度道を踏み外したとしても

あたたかく見守ることを始めていく。



                    *



親子丼は、親と子がひとつのどんぶりの中で仲良くしている。



『どんぶり』は、家庭であり、よのなか。
『親』は、血縁に限らない親となる存在であり、見守ってくれるよのなか。

いつの日か居場所をなくした『子』が

親とも
よのなかとも

仲良くなれるように。



さくらは、親子丼にそんな願いを込めている。



                    *



未成年であることを承知で応じてきた男をラブホテルで誘惑し
そこへ仲間が踏み込んで証拠を押さえ
警察へ通報する代わりに金品を脅し取る。



そんな非行を繰り返していた少女
二宮(にのみや)あざみはある日

いつものようにと思ったラブホテルで地回りのヤクザに踏み込まれ
隙を見て逃げ出すことは出来たが

お金を手にし損ねた。



一緒に逃げてきた連れの正木(まさき)リエから

都市伝説のように語られていた
九十九堂書店のことを教えられたあざみは

手持ちもなく
空腹に耐えかね訪れた。



そこは噂通り本当に無料で親子丼を振る舞ってくれて

これは便利だ
いいように使ってやろうと
食べた人は名前を書くよう名簿を渡されても

たまたま傍にあった漫画から『月夜(つきよ)ルナ』
どうみても本当の名前ではない名前を平然と書いて

食べると用済みとばかりに席を立ち出て行った。



たださくらは、そのことを咎めたりはしなかった。



それからしばらくしても
リエ以外の仲間を連れて来ては何度か立ち寄っていたが

どうして親子丼を無料で振る舞うのか理由は判らないが
いつだってウェルカムで
いつだって味方をしてくれて

時には叱ってくれたりもする。

そんな大人が居ることに
そんな大人に初めて出逢ったことにあざみは

少しずつではあるが心を許していく。



一歳で母親に捨てられた。
大人を信用していなかった。



今まで自分の回りにいる大人と言えば

父親は何処へ行ったんだか判らない
母親は人を殺して刑務所行き

近づいてくる男はカラダ目当てか
搾取してやろうという下心ばかりの大人たちだったから。



                    *



やがてあざみは

親子丼目当てもあるけれど
なぜだか気になるさくらに逢いたくなって九十九堂書店を訪れるようになり

以前は必ずと言っていいほど連れが居たのだが
今では一人でも訪れてくるようになった。



最初にリエに連れられて来た時『たまりば』は
皆なにかしらの問題を抱える独特の雰囲気で戸惑った。

そんな二人を笑顔で迎えてくれたムードメーカー
君塚達也(きみづか たつや)とある日一緒になった折

達也からこんなことを問いかけられた。



                    *




聞いた話なんだけどさ、人には持って生まれた運があるんだって。例えばね、ジャムが付いたトーストを床に落っことしちゃうとね、必ずジャムが付いてる方が床に落ちる人って、何回やっても同じなんだって。

おれ、そういう人。
(自虐的に冗談めかして)100%そういう人。

君どっち?
ジャム付いてない派?

あのさぁ、人生ってやり直せると思う?
やり直せるならやり直してぇなぁ。
ねっ、君もそう思うよね?




                    *



達也は、父親を殺して少年院に入っていた。



それはろくに働きもせず

酒浸りで暴力を振るう父親から母を守るためであり
性的虐待を振るう父親から妹を守る

やむにやまれぬ事情から犯した罪だった。



故に裁判では一切の弁解をせず

強固な殺意があると頑強に主張し続け
反省の色も見せないために

家庭環境や犯行に至った理由は
情状酌量として勘案されずに少年院送りとなった。



母親は、新しく出来た男と何処かへ消えていた。
達也は捨てられた。



だから、大人を信用していない。
だから、誰にも頼らず妹とふたり、生きていくと心に決めていた。



                    *



退所後は

暗い過去を振り払うかのように明るく振る舞い
工事現場とスーパーでの仕事を掛け持ちして妹との生活を支えながら

アイドルグループ『にじいろフラワーズ』のメンバーを目指す
妹の夢を応援し続けてきた。



レッスンに励み

家に帰ってからも鏡を前に懸命に練習してきたが
一向にオーディションには受かる気配がなく

『もう自分には無理なんじゃないか』

弱気になる妹を
アイドルになることは二人の夢だからと

自分だけは信じてあげたいと励まし続けてきた。



二人で肩を寄せ合い懸命に生きてきた。



                    *



お給料が入り

家賃
光熱費
食費
レッスン代
オーディション代

お金を振り分けていた時だった。



妹がぽつりと

『もう無理。受かる気がしない』

漏らしてきた。



身を粉にして働き
そうして得たお金をとことん切り詰め
自分のためにとなんとか費用を捻出してくれる兄を思ってのことでもあった。



達也は商店街で見つけ
一目惚れしたワンピースを
妹に似合うだろうなと奮発。

仕事帰り、内緒で購入してきていた。

『これを着て受ければ絶対受かるから』と手渡すと
紙袋を開け『カワイイ』大喜びする妹。

心には自信が
顔には笑顔が戻ってきた。



そうして臨んだ

にじいろフラワーズ
新メンバーオーディション2017

グループをマネジメントする会社スターネットプロダクション
チーフマネージャー金澤二郎(かなざわ じろう)の目に留まり

逸材だと太鼓判を押されて見事合格を射止めた。



                    *



さっそく

達也が未成年で
親族が居ないことから
さくらに後見人となっていただきたいと

金澤が九十九堂書店を訪ねてきた。



妹思いであることや
アイドルになることを夢見ていたことを知り、応援してきたさくら。

夢が叶った歓びから『私でよければ』とその場で快諾し
それではと契約の段になった時だった。

『大事なお願いがある』と切り出された。



それは、達也の過去。



金澤は

父親殺しの事件はなかったことにしたい
父親は病気で他界
達也も交通事故で他界したことにしてほしい

涼しい顔で言ってきた。



アイドルにとってスキャンダルは
マスコミや妬む世間の格好の餌食。

発覚すれば多額の資金を投じて育ててきたアイドルが一瞬で消え
一円の回収もままならないままに損失だけを抱えることになる。

アイドルの兄が殺人事件を起こしているともなれば
グループの存続にも関わってくるインパクトの有る出来事だから

そうなれば損害の額も桁が違ってくる。



『タダで』とは言わない。
『100万円で死んだことにしてほしい』分厚い封筒を差し出した。



更生し
懸命に働き
細々と生きている人に向かって死んだことにしろ?

風向きが変わり
さくらは気色ばむ。



そんなさくらの想いに心を寄せつつも

『こんなビッグチャンスは二度とない』

金澤の言葉に
オーディションに落ち続けてきた妹をずっと見てきたからこそ
その夢を叶えてあげたい。

自分が足を引っ張る存在にはなりたくない。



妹は、合宿から帰ったら会社の寮に入る。
これが今生の別れになる。



達也は、『よろしくお願いします』頭を下げていた。



愛嬌のない現実に苛立ち
金澤が席を立った後テーブルをバン!と叩きながら

『本当にそれでいいの?』

三度(みたび)問いかけても
達也は見たことのない分厚い封筒や100万円の束に夢中
カネに目がくらんだように振る舞って

『これでいいんだ』無理矢理自分を納得させた。



アパートに帰り着いたそんな達也だったが
もう妹はここには居ないのだと改めて実感すると

淋しさと虚しさがどっと押し寄せ
100万円の入った封筒を握りしめ

『これでいいわけないだろう』

玄関にへたり込んでいた。



                    *



数日後

達也が働く工事現場に
オーディションに受かった時合格を伝えに来てくれたように

妹が訪ねてきた。



『辞める』と言い出し

『おにいちゃんを死んだことになんて出来ない』
『ずっとおにいちゃんと一緒に暮らしたい』

まだ幼いのだから当然の想いを吐露してきた。



死んだことになっているだけで自分は死んでいない。
『ずっと見守ってるから』言葉を掛けていた時だった。

マネジメント会社のワゴン車が
クラクションを鳴らしながら

ものすごいスピードでやって来た。



降りてきた金澤は
契約の話の時の紳士然とした姿とは人が変わったように粗暴。

『話が違うだろ』

達也の胸ぐらをつかんで引き倒すと
運転してきた社員と共に

嫌がる妹を
『おにいちゃん』と叫び何度も振り返る妹を

強引にワゴン車へ乗せて連れ帰ろうとする。



その姿に、妹を性的虐待する父親の姿が重なった。



気が付くと達也は
傍にあった鉄パイプを手に取り
金澤を後ろから殴りつけていた。



                    *



妹と一緒に逃げ込んだ先は九十九堂書店。
事情を聴いたさくらは匿うことは出来ないと通報した。



駆け付けた警察官によって
傷害の現行犯で連行されようとした時だった。

さくらが土下座してまで
時間をもらえないかとお願いした。



自分が作る親子丼が大好きだけれど
当分食べさせてあげられないからと。



                    *




(妹と並んでできたての親子丼をかきこむ達也を見つめながら)

さくら:いくつになっても箸、ちゃんと持てないねアンタ。

達也:・・さくらさん。
さくら:ん?
達也:おれ・・まだやり直しきくかな?

さくら:

そうよ。
アンタ次第よ。

バカ・・
これぐらいのことで凹んでどうすんのよ。
人生まだまだ長いのよ。

達也:うん・・(涙を見せまいと親子丼をかきこむ)

さくら:

達也。
帰ってきたら、真っ先にここに来るんだよ。
(テーブルをさすりながら)ここが、アンタの帰ってくるとこなんだからね。

さくらさん。
親子丼作って待ってっからね。
待ってるからね・・

(想いが溢れて言葉に詰まるさくら)
(さくらと達也ふたりのやりとりを黙って見ていた妹が口を開く)

妹:ごめんね、おにいちゃん・・

達也:

バカ。
おまえはぜんぜん悪くねぇ。
悪いのはおれだ。

(泣くまいと思っていたが涙も想いも溢れてきた)

せっかくおまえがアイドルになれたのに・・
おれがあんなことしたから・・

(頭を振る妹)
(どこまでも妹思いなんだなとふっと笑みが漏れたさくら)

さくら:

泣きたい時は泣けばいい。
その・・流した涙の粒だけ、幸せの花が咲くんだからね。




                    *



何度躓いても帰りを待つ。

『たまりば』に居合わせ
少し離れた所からさくらたちの姿を見ていたあざみの胸には

ある想いが芽生えていた。



                    *




達也の言う通りだ。
アイツの落としたパンは、やっぱりジャムの方から床に落ちた。

でも、何度落っことしても、また新しいパンにジャムを塗って渡してくれる。
そんな大人が居る。
その人はいつまでも、達也を待っていてくれる。

そんな大人が居るなんて、わたし、知らなかった。




                    *



名簿にあった『月夜ルナ』を消した。
『二宮あざみ』本当の名前を書いていた。



                    *



ライフワークのひとつとして手がけている

お客様のイマジネーションの中にある絵本屋さん ふくみみぶっくす
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

お客様から結婚式の招待状をいただきました。



二十歳のときに始めて、今年で23年目。

直筆の手紙でのやりとりを大切にしてきた関係ですし
お客様のイマジネーションの中にある絵本屋さんという世界観。

直接お逢いしたことはありません。
何百人とお客様に恵まれましたが、初めてのことです。



さて、せっかくのご厚意です。
どうしたものかと思いました。



イマジネーションの中にある絵本屋さんですから
オーナーである『 のぽぽん=ぼく自身』が
現実世界に『やぁ』なんてひょっこり現れるわけにはいきません。



そこで以前絵本のエンターテインメント型読み聞かせをしていたとき

『のぽぽんはおさるさんに似てるよね』
子どもたちがよく言ってくれていたことから
ふくみみぶっくすのイメージキャラクターとなったおさるさんのぬいぐるみに

出席してもらうことにしました。



お客様である『ゆっこさん』にさっそくお返事です。




ゆっこさま

のぽぽんはイマジネーションの世界を一歩出てしまうと
魔法が解けてぬいぐるみになってしまいます。

そこで現実世界での『お友達』に
式場までの行き帰りを付き添ってもらえるようお願いしました。




ユーモアの判るゆっこさんからは
『是非に』とお返事をいただきました。

いやはや。
ノリの良い人です。

供されたお料理は持ち帰れるようにしてくださったうえで
付き添いの『お友達』に手渡してくれるとのこと。

想いのこもった
しあわせな時間を彩る食事に手を付けないのはこころが痛みますから。

これまた嬉しい限りです。



おさるさんのぬいぐるみが招待席にでんと座っている。
想像するだけで愉快です。



結婚式は、おふたりの手作り。

式場には映画『チャーリング・クロス街84番地』のように
2年近くに渡ってゆっこさんと交わしてきた往復書簡
ご提案してきた絵本をギャラリーのようにずらりと並べ

ゆっこんさんの足跡
絵本との出逢いから人生が動き始めたことが
世界にひとつだけの物語として飾られ

世界中で一番しあわせの集まる場所が
世界で一番しあわせな一日が

旦那様となる方と彩られるとのことです。



あぁそういえば、ひとつ不思議に思っていたことがありました。



なぜ手紙での関係で
直接お逢いしたことのないのぽぽんを
結婚式に招待してくださったのでしょう。



ゆっこさんはお手紙にこう綴っていました。



                    *




わたしは ジャムがついてるほうが床に落ちるひと
そんなわたしにいつだって ジャムをぬって渡してくれたから




                    *