~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~

【シリーズ】 『無形の遺産』をかんがえる

33830131326_049270ded4_z.jpg
photo credit:藍川芥 aikawake via Flickr (license)



毎日新聞朝刊の日曜別刷り『日曜くらぶ』に連載されている
心療内科医 海原純子(うみはら じゅんこ)さんのエッセイ 『新・心のサプリ』

10月29日(日)掲載 闘病中でも生活楽しめたなら
http://www.umiharajunko.com/blog/archives/8816

に、こんなことばがありました。



                    *



がんに勝つ、という言葉も治療をうけている方には負担になることがあるという。とくにがん寛解していることをがんに勝つといい、再発すると負けると表現することは、寛解しない病をかかえて闘病する人にとってつらいという声をきいた。

そこで、あらためてがんに勝つというのはどういうことか、と考えた。もしも「死」を負けとするなら、私たち人間はすべて死を免れることはできないのだから、みな負けるということになってしまう。しかし、もし病気になっても心に光を絶やさず自分ができることをして人生を全うするなら、それは決して負けることではないはずだ。

それは「死」ではなく、「生」を全うするということなのだと思う。がんになっても自分の可能な限り生活を楽しもうとし、できることをしながら生を全うした人々の姿を思いおこしつつ、がんに対しての誤解を減らしたい、と心から願った。



                    *



末期がんでもうできる治療がなくなり
緩和ケア病棟へと移った父は負けなのでしょうか。

病と向き合うことを『闘病』と誰もがなんの疑問も持たずに表現しますが
こう表現することで勝ち負けが生まれるのではないでしょうか。



                    *



父が逝って、きょうで2週間が経ちました。

この世に送り出してくれた両親を看取る。
母も父もとなると、奇蹟に近いかもしれません。

それも、遺恨のある両親を。
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-289.html



父が入院中病室に置いていた
訪れた方誰もが自由に想いを綴れる伝言ノートを読み返していると
ぼくはこんなことを書いていました。



                    *



看取ってから何年経っても『あぁしたかった』『こうしたかった』次々に湧きあがるのは、それだけ相手のことを大切に思っているということ。『後悔』ではないのだと思った。



                    *



去った後、ソファーに凹みが残るように。
去った後、椅子にぬくもりが残るように。
去った後、空間に香りが残るように。

揃いも揃って判ったときには末期がんで逝った両親は
ぼくに無形の遺産を遺していってくれました。



両親を看取った今だから書ける想いがある。



【シリーズ】 『無形の遺産』をかんがえる
あらたなシリーズを始めていきます。



                    *



贈りもの
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-384.html

おかあさんになる人生 おかあさんにならない人生
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-386.html


http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-387.html

器、過去、ほんとうのわたし
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-388.html

ともにいきたじかんをいきるしあわせ
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-390.html

ほんのひととき
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

あのときは『YES.』だった
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-392.html

なかなおりごはん
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-394.html

へその緒
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-396.html

ごめん、だいじょうぶ、なんでもない
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-399.html

『生きる』をかんがえる ~ バケットリスト篇 ~
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-403.html

『生きる』をかんがえる ~ 愛のかたち篇 ~
ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-425.html

おかあさんは、おまえの人生を愛してる。
http://ippunkan.blog.fc2.com/blog-entry-436.html



                    *