白色の自己主張

ARTICLE PAGE

哀しみと苦しみの中で生きるということ

白色の自己主張
  • comment-
  • trackback-
29306538115_217c40168d_z.jpg
photo credit:mclcbooks via Flickr (license)



白色の自己主張 ~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~



                    *



                  324通目



                    *



オトナの土ドラ『さくらの親子丼』2杯目に、こんな場面があった。
http://tokai-tv.com/oyakodon/



                    *



東京の下町にある古書店『九十九堂書店』を営む九十九(つくも)さくらは
http://tokai-tv.com/oyakodon/chart/

住居を兼ねた店の奥にある
訪れる人たちが『たまりば』と呼ぶ場所で

一人一日一杯できたての親子丼を振る舞っている。



16年前

ファミリーレストランでアルバイトをしていた
高校生の息子 悠平(ゆうへい)。

お腹を空かせてステーキを食べに来ていたシングルマザーの少女が
(無銭飲食なのかどうかはまだドラマでは描かれていない)

向かいの席で寝かせていた赤ちゃんの鳴き声にカッとなり
ゆっくり食べられないことへのイライラや邪魔な存在だからと

ステーキナイフで刺そうとしたところを止めに入った。



揉み合いになり
倒れ込んだ拍子に持っていたナイフが刺さって
悠平は帰らぬ人に。



その後少女の裁判を経て事件の背景を知ったさくらは

貧困が
空腹が
孤立が人を追い詰めてしまうと考え

『たまりば』で親子丼を無料で振る舞い
素性や訳は問わずに言葉を掛け
話に耳を傾け

競馬好きで
プロレスラー藤波辰爾(ふじなみ たつみ)さんを神様のように思い

『たまりば』に訪れるやんちゃな連中が食ってかかるようなら
それに応戦する血気盛んなところがありつつも

家庭や社会で居場所をなくした人たちを
彼らが何度道を踏み外したとしても

あたたかく見守ることを始めていく。



                    *



未成年であることを承知で応じてきた男をラブホテルで誘惑し
そこへ仲間が踏み込んで証拠を押さえ
警察へ通報する代わりに金品を脅し取る。



そんな非行を繰り返していた少女
二宮(にのみや)あざみはある日

いつものようにと思ったラブホテルで地回りのヤクザに踏み込まれ
隙を見て逃げ出すことは出来たが

お金を手にし損ねた。



一緒に逃げてきた連れの正木(まさき)リエから

都市伝説のように語られていた
九十九堂書店のことを教えられたあざみは

手持ちもなく
空腹に耐えかね訪れた。



そこは噂通り本当に無料で親子丼を振る舞ってくれて

これは便利だ
いいように使ってやろうと
食べた人は名前を書くよう名簿を渡されても

たまたま傍にあった漫画から『月夜(つきよ)ルナ』
どうみても本当の名前ではない名前を平然と書いて

食べると用済みとばかりに席を立って出て行った。



それからしばらくしても
リエ以外の仲間を連れてきては何度か立ち寄っていたが

どうして親子丼を無料で振る舞うのか理由は判らないが
いつだってウェルカムで
いつだって味方をしてくれて

時には叱ってくれたりもする。

そんな大人が居ることに
そんな大人に初めて出逢ったことにあざみは

少しずつではあるが心を許していく。



今まで自分の周りにいる大人と言えば

父親は何処へ行ったんだか判らない
母親は人を殺して刑務所行き

近づいてくる男はカラダ目当てか
搾取してやろうという下心ばかりの大人たちだったから。



                    *



『たまりば』は誰もがウェルカムだが
泊めることだけは許していない。

ここは止まり木であって
あったかい親子丼で身も心もあたためたなら

『飛び立っていきなさい』
『そしてまた羽を休めにいらっしゃい』

送り出すのが役目だとさくらは思っているからだ。



だが、そんなさくらがルールを自ら破った。



非行を繰り返して
あちこちに敵をつくってきたあざみが街ナカで仕返しを受け

怪我をした体で
九十九堂書店の前に倒れていたのを介抱。

『治るまでは仕方ない』
『ここに居ていいよ』

泊まること
しばしの居候を許した。



さくらの心は揺れていた。



『たまりば』でのムードメーカー

君塚達也(きみづか たつや)に
あざみが母親のことを話しているのを

偶然耳にしてしまっていたからだ。



母親がファミリーレストランで止めに入った店員を刺したこと。
殺して刑務所に入ったこと。
相手が高校生だったこと。



それはさくらが16年前
悠平を失ったのと同じ出来事だった。



あざみは、もちろんこのことは知らない。
さくらも、あざみには話していない。



怪我をしているあざみを帰す訳にはいかないのを思い悩んでいた時

悠平の幼馴染みで以前はやんちゃをしていたが
今はさくらのおかげで更生。

肉屋で働き
親子丼用の鶏肉と卵を毎日配達してくれる
中西俊太(なかにし しゅんた)が訪ねてきてくれて思い出話に花が咲くと

悠平への想いが溢れた。



競馬好きが集まる行きつけの居酒屋『焼鳥 大穴屋』に誘うと
あの日以来さくらのことを気にかけてくれる俊太に事の次第を全部話した。



哀しみの海を未だ漂う自分
悠平があざみを呼び寄せたのかとの戸惑い



俊太から『それでいいのか』問われるとさくらは
それでも家に居ることを許した心情を吐露する。



                    *




俊太:

だけど、それでいいの?
一緒に暮らしていいわけ?

さくら:あぁ・・

俊太:

っていうか、ダメでしょ、こういう

(店員が注文した料理を運んできて言いかけた言葉を飲み込む)
(店員が行ったのを見計らって小声で続きを話し始める)

だって、あの子の母親が悠平殺・・

(居酒屋の店内・内容が内容だけに言い淀む俊太)
(そんな俊太の想いもしっかりと受け止めてさくらは)

さくら:判ってる。

俊太:あの子が本当のこと知ったらどうなる?
さくら:判ってる。

俊太:

さくらさんだってどうよ?
目の前にあの子が居たらさぁ、いつまでもあのこと

さくら:

(前2回の受け止める想いとは違って強い口調で)判ってる。
判ってんのよ・・

でもね、あざみは、悠平が命を懸けて守った命なの。
このままだとあざみは、ダメになっちゃうわ。

あたしはね、悠平を亡くした哀しみの中で生きてる。
あの子は、親に殺されかかった苦しみの中で生きてる。

人はね、哀しみの中では生きていけるけど、苦しみの中では生きていけないの。
だから、あたしが守ってあげなきゃダメなのよ、あの子を。




                    *



哀しみ
苦しみ

どちらも辛い思いであり出来事です。
軽重も優劣もありません。



でもなぜさくらは自らの人生で獲得してきた言葉で


人はね、哀しみの中では生きていけるけど、苦しみの中では生きていけないの。


心情を吐露したのでしょう。



ぼく自身の人生を振り返ったとき
7度の自殺未遂がありました。



『哀しみ』から命を絶ったのは
13年間の遠距離恋愛の末挙式直前に婚約者を亡くし
後追い自殺を考えたとき一度だけです。



他の6度は

両親から365日虐待
365日全否定
皆勤賞で幼少期を生きてきたことによる育ちの傷

学生時代や社会人になってからのいじめや暴力などで受けた身体の傷
できて当たり前の精神的暴力やハラスメントの数々で受けた心の傷

人間関係の躓きや人生流転の生きづらさによる『苦しみ』が起因していました。



                    *



哀しみは、いつか出口が見えるからなのかもしれません。
哀しみは、いつか癒やされる時が訪れるからなのかもしれません。
だから、生きていけるのかもしれません。



苦しみは、出口が見えないからなのかもしれません。

苦しみはあまりに根が深く
糸口や方法こそ見えても
解決の時が見えないからなのかもしれません。

永遠のように思えてしまう。
だから、生きていけないのかもしれません。



                    *



親と子がひとつのどんぶりの中で仲良くしている。
さくらが親子丼に込めた願いもここにあるのかもしれません。



                    *






関連記事