白色 - 白色の自己主張
~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~

白色

8494549459_86a5186c65_z.jpg
photo credit:Vida Dimovska via Flickr (license)



白色の自己主張 ~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~



                    *



                  331通目



                    *



オトナの土ドラ『さくらの親子丼』4杯目に、こんな場面があった。
http://tokai-tv.com/oyakodon/



                    *



東京の下町にある古書店『九十九堂書店』を営む九十九(つくも)さくらは
http://tokai-tv.com/oyakodon/chart/

住居を兼ねた店の奥にある
訪れる人たちが『たまりば』と呼ぶ場所で

一人一日一杯できたての親子丼を振る舞っている。



16年前

ファミリーレストランでアルバイトをしていた
高校生の息子 悠平(ゆうへい)。

お腹を空かせてステーキを食べに来ていたシングルマザーの少女が
(無銭飲食なのかどうかはまだドラマでは描かれていない)

向かいの席で寝かせていた自分の赤ちゃんの鳴き声にカッとなり
ゆっくり食べられないことへのイライラや邪魔な存在だからと

ステーキナイフで刺そうとしたところを止めに入った。



揉み合いになり
倒れ込んだ拍子に持っていたナイフが刺さって
悠平は帰らぬ人に。



その後少女の裁判を経て事件の背景を知ったさくらは

貧困が
空腹が
孤立が人を追い詰めてしまうと考え

『たまりば』で親子丼を無料で振る舞い
素性や訳は問わずに言葉を掛け
話に耳を傾け

競馬好きで
プロレスラー藤波辰爾(ふじなみ たつみ)さんを神様のように思い

『たまりば』に訪れるやんちゃな連中が食ってかかるようならゴングが鳴り
『かかってこいや』と応戦する血気盛んなところがありつつも

家庭や社会で居場所をなくした人たちを
彼らが何度道を踏み外したとしても

あたたかく見守ることを始めていく。



                    *



親子丼は、親と子がひとつのどんぶりの中で仲良くしている。



『どんぶり』は、家庭であり、よのなか。
『親』は、血縁に限らない親となる存在であり、見守ってくれるよのなか。

いつの日か居場所をなくした『子』が

親とも
よのなかとも

仲良くなれるように。



さくらは、親子丼にそんな願いを込めている。



                    *



未成年であることを承知で応じてきた男をラブホテルで誘惑し
そこへ仲間が踏み込んで証拠を押さえ
警察へ通報する代わりに金品を脅し取る。



そんな非行を繰り返していた少女
二宮(にのみや)あざみはある日

いつものようにと思ったラブホテルで地回りのヤクザに踏み込まれ
隙を見て逃げ出すことは出来たが

お金を手にし損ねた。



一緒に逃げてきた連れの正木(まさき)リエから

都市伝説のように語られていた
九十九堂書店のことを教えられたあざみは

手持ちもなく
空腹に耐えかね訪れた。



そこは噂通り本当に無料で親子丼を振る舞ってくれて

これは便利だ
いいように使ってやろうと
食べた人は名前を書くよう名簿を渡されても

たまたま傍にあった漫画から『月夜(つきよ)ルナ』
どうみても本当の名前ではない名前を平然と書いて

食べると用済みとばかりに席を立って出て行った。



それからしばらくしても
リエ以外の仲間を連れてきては何度か立ち寄っていたが

どうして親子丼を無料で振る舞うのか理由は判らないが
いつだってウェルカムで
いつだって味方をしてくれて

時には叱ってくれたりもする。

そんな大人が居ることに
そんな大人に初めて出逢ったことにあざみは

少しずつではあるが心を許していく。



今まで自分の周りにいる大人と言えば

父親は何処へ行ったんだか判らない
母親は人を殺して刑務所行き

近づいてくる男はカラダ目当てか
搾取してやろうという下心ばかりの大人たちだったから。



                    *



『たまりば』は誰もがウェルカムだが
泊めることだけは許していない。

ここは止まり木であって
あったかい親子丼で身も心もあたためたなら

『飛び立っていきなさい』
『そしてまた羽を休めにいらっしゃい』

送り出すのが役目だとさくらは思っているからだ。



だが、そんなさくらがルールを自ら破った。



非行を繰り返して
あちこちに敵をつくってきたあざみが街ナカで仕返しを受け

怪我をした体で
九十九堂書店の前に倒れていたのを介抱。

『治るまでは仕方ない』
『ここに居ていいよ』

泊まること
しばしの居候を許した。



さくらの心は揺れていた。



『たまりば』でのムードメーカー

君塚達也(きみづか たつや)に
あざみが母親のことを冷笑しながら話しているのを

偶然耳にしてしまっていたからだ。



母親がファミリーレストランで止めに入った店員を刺したこと。
殺して刑務所に入ったこと。
相手が高校生だったこと。



それはさくらが16年前
悠平を失ったのと同じ出来事だった。



あざみは、もちろんこのことは知らない。
さくらも、あざみには話していない。



怪我をしているあざみを帰す訳にはいかないのを思い悩んでいた時

悠平の幼馴染みで以前はやんちゃをしていたが
今はさくらのおかげで更生。

肉屋で働き
親子丼用の鶏肉と卵を毎日配達してくれる
中西俊太(なかにし しゅんた)が訪ねてきてくれて思い出話に花が咲くと

悠平への想いが溢れた。



競馬好きが集まる行きつけの居酒屋『焼鳥 大穴屋』に誘うと
あの日以来さくらのことを気にかけてくれる俊太に事の次第を全部話した。



哀しみの海を未だ漂う自分
悠平があざみを呼び寄せたのかとの戸惑い



俊太から『それでいいのか』問われるとさくらは
それでも家に居ることを許した心情を吐露する。



                    *




俊太:

だけど、それでいいの?
一緒に暮らしていいわけ?

さくら:あぁ・・

俊太:

っていうか、ダメでしょ、こういう

(店員が注文した料理を運んできて言いかけた言葉を飲み込む)
(店員が行ったのを見計らって小声で続きを話し始める)

だって、あの子の母親が悠平殺・・

(居酒屋の店内・内容が内容だけに言い淀む俊太)
(そんな俊太の想いもしっかりと受け止めてさくらは)

さくら:判ってる。

俊太:あの子が本当のこと知ったらどうなる?
さくら:判ってる。

俊太:

さくらさんだってどうよ?
目の前にあの子が居たらさぁ、いつまでもあのこと

さくら:

(前2回の受け止める想いとは違って強い口調で)判ってる。
判ってんのよ・・

でもね、あざみは、悠平が命を懸けて守った命なの。
このままだとあざみは、ダメになっちゃうわ。

あたしはね、悠平を亡くした哀しみの中で生きてる。
あの子は、親に殺されかかった苦しみの中で生きてる。

人はね、哀しみの中では生きていけるけど、苦しみの中では生きていけないの。
だから、あたしが守ってあげなきゃダメなのよ、あの子を。




                    *



さくらが悠平のこともあって父親と離婚した時

妹の恭子(きょうこ)は
店番をして哀しみの海を漂うさくらを支えていたが

さくらが『たまりば』を始めると
『親子丼なんかで人が変われるわけがない』理解に苦しみ

反発して家を出た。



その後は家には寄り付かなくなっていたが

『兄の法事のことで』
ある日ふらりと九十九堂を訪れたのを境に

度々顔を見せるようになった。



フリーライターとして出入りしている出版社。

記事を書いている週刊誌
『PROVA(プローヴァ)』の編集長から声が掛かり

『川崎女子グループ暴行事件』と題された資料を手渡された。



多発する少年事件だが

犯罪を起こした少年少女は
たとえ殺人でも未成年というだけで

わずか一年で社会へと戻ってくる。

資料の事件の主犯格である少女も同様で
今は遊びまくっているという。



被害者は対立するグループのメンバーではなく
たまたま塾帰り通りかかっただけの無関係の少女。

そんな少女を寄ってたかって鉄パイプで殴りつけ
頭部に深刻なダメージを負い今も意識が戻らない。

医療費は全額被害者の親が負担。
謝罪もない。



同じように少年事件で兄を失った恭子は
『わたしに振りますかね』困惑するが

編集長は

『おまえだから書けるんだ』

焚き付ける。



被害者家族と面会した恭子は
たとえどれほど年月を経ようとも変わらない
厳罰を求める熾火のような感情に触れて突き動かされた。



自分の兄を殺した少女も
きっと主犯格の少女と同様に
平然と社会へ戻ってきていると。



                    *



入念な下調べの済んだ資料を元に追跡取材を始め
主犯格の少女 正木リエを見つけた。

編集長の話通り遊びまくり
カネ目当ての非行を繰り返しているところを写真に収めていると

以前『たまりば』で見かけたあざみが一緒なのに気づいた。



リエは家には戻っておらず、所在が掴めない。
事件のことを記事にするには、本人から話を聞く必要がある。



さくらの居ないタイミングで

『たまりば』に居るあざみにリエの居場所や連絡先を聞き出そうとしたり
外でリエと一緒の所に度々現れるなど

執拗に事件を追う恭子に
あざみもリエも次第に追い込まれていく。



やがて記事となり
世に出た週刊誌を目にしたリエ。

被害者の少女の今
少年審判で知った人違いの事実

少年院は罪を償うところではないために罪の意識に苛まれ
吹き溜まりでタバコやドラッグに溺れていた。



そんなリエを心配してやって来たあざみにリエは

『死ねっていうのか』

荒んで、どうしようもない心情を爆発させ、ぶつけた。



                    *




あざみ:リエ。

(床に力なく座ったままのリエ)
(呼びかけ、リエの吸っているタバコを取りあげる)

リエ:

ウチさぁ、どうしたらいい?
少年院行って、あのことはもう終わったんだと思ってた。

(床に投げ捨てていた週刊誌をあざみの方へと投げ捨てる)
(拾って記事を見るあざみ)
(それはつるんできたリエの知られざる過去だった)

知らなかったんだよ。
相手の子が、まだこんなんだなんて。
もう元気になって、ふつうにしてんだと思ってた。

(あざみも週刊誌を投げ捨て)

あざみ:リエの気持ち、判るよ。

リエ:判る?・・
あざみ:判る。

リエ:なにが判んだよ・・
あざみ:だから・・

リエ:

終わってんならなんでこんなんなってんだよ!
やっちまったもんはしょうがねぇじゃねぇか!

あざみ:リエ・・

リエ:

(あざみを小突き)判ってんならなんか答えろよ!
どうすりゃいんだよ・・
アタシの気持ち判んねぇくせに言ってじゃねぇよ!

(あざみを平手打ち)
(あざみが取りあげたタバコを再び手に取ろうとするリエ)
(させまいと腕を掴むあざみ)

リエ:離せよ!
あざみ:やめろ!

(取っ組み合いになりかけたところをあざみが抱きしめた)

あざみ:

判るんだよ・・
うちの母親・・人殺したんだ。

(初めて知るあざみの過去に動揺するリエ)
(今が楽しければいいから互いに過去は語っていなかった)

殺された人の家族・・恨んでるよ。
アタシの母親も・・
アタシのことも・・

『なんで生きてんだよ!』って。

だからさ・・
アタシが絶対に幸せになっちゃいけないって、そう決めて生きてきた。
いつ死んでもいいって。

(涙で前が見えないあざみ)

だから・・
リエの気持ち、判るんだよ。




                    *



リエの行き場をなくして爆発した気持ちに呼応して
静かだが自身も想いを爆発させたあざみ。



『たまりば』へと戻ると

テーブル奥の指定席
自閉症で社会から孤立し居場所を失った常連の玉置玄(たまき げん)

愛称『げんさん』が
クレヨンで花を描いている隣へと座った。



左手の指をひらひらさせながら
ご機嫌に右手で絵を描いていると

げんさんは描く手を止めることなく
誰に言うでもなくつぶやいた。



                    *




げんさん:

要らない色はありません。
みんな、大事です。

(純粋なげんさんに心を見透かされたようなあざみ)

あざみ:

要らない色か・・
あるんじゃない?
要らない色って・・

(リエや自身のこともあって傍にあったメモ用紙を手に取り)
(ケースから「これ」とげんさんに白いクレヨンを見せ)
(メモ用紙にギザギザに塗っていく)

塗っても意味ないじゃん。

(クレヨンをケースにポイと投げ捨てる)

ね?
要らない色ってあるんだよ。

(するとげんさんは描く手を止めて)
(傍にあった色紙の中から水色の色紙を取り出し)
(白いクレヨンで雲を描いてみせる)
(目を見張るあざみ)

げんさん:

要らない色はありません。
みんな、大事です。

あざみ:みんな大事か・・




                    *



今までずっと人殺しの娘だと
おひさまに背を向けて生きてきた。



なんの罪もなく産まれてきた。
親は選べない。

でも、重い事実は消せない。
知ってしまったことは忘れられない。



だから


アタシが絶対に幸せになっちゃいけないって、そう決めて生きてきた。
いつ死んでもいいって。


クレヨンのケースがよのなかに見えたあざみは
ちょこんと隅っこの方に申し訳なさそうに居させてもらっている

白色のように要らない色だった。



けれど

さくらに出逢い
『たまりば』を訪れる人たちの人間ドラマに触れ

げんさんの無邪気で
押し付けがましくないことばの贈り物に目を見張った時

白色は必要な色なんだと
使われる場所が違えば必要な色になれるのだと

まだ居心地が悪いが自分に OK が出せるかもしれない
そんな想いが芽生え始めていた。



                    *



あざみを見ていると
まるでじぶんを見ているようでした。



このブログのメインコンテンツは

白色の自己主張 ~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~
http://ippunkan.blog.fc2.com/archives.html

タイトルに『白色』と入っています。



ぼくは、子どもの頃からずっと『青』が好きでした。



海が好き。
青空が好き。
紫陽花が好き。



でもいつからか
パーソナルカラーである『紫』が好きになりました。



夜明け前の明けきらない空が好き。
グラデーションのかかったストールが好き。
紫いものスイーツが好き。



でもなぜ、タイトルに『白色』と入れたのでしょう。



                    *



幼少期の両親による365日皆勤賞の虐待と全否定で育ったぼくは
ずっと『必要とされたい』と願ってきました。



見捨てられることが怖かった。



『白色』は、絵を描くとき必ず必要とされます。
画用紙です。



誰からも求められるじぶんを重ねていました。



『白色』は、どの色とも相性が良い。
どの色をもやさしい色に変えてくれます。



誰からも愛される人になりたい。
誰をも愛で包む人になりたい。
愛に飢えてきたじぶんを重ねていました。



『白色』は、ぼくにとって憧れ。
『白色』は、ぼくにとってヒーロー。



『白色』は、生きてるだけで OK の子どもとして産まれたかった。
魂の叫びだったのかもしれません。




7001144723_b5941fcc48.jpg
photo credit:Vida Dimovska via Flickr (license)