~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~

Photo:Silhouette By:Yuri Samoilov Photo
Photo:Silhouette By Yuri Samoilov Photo



     白色の自己主張 ~ 何色にも染まるたおやかさ 染まらない凛凛しさ ~



                    *



                  363通目



                    *



烏(からす)は、昔は白い烏だった。

洒落者で、他の鳥たちよりも自分が一番綺麗になりたいと願っていた。
そこで、知恵者の梟(ふくろう)に一番美しい色に染めてほしいと頼んだ。



黄色


でも、どの色でも満足しなかった。

もっと美しく。
もっともっとと。

そして、重ね塗りを繰り返すうちに、白かった羽根は真っ黒になってしまったという。

オトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』第1話『もう辞める?』
http://tokai-tv.com/shiroihane/



親愛なる あやみに

まずは、『おかえりなさい』ですね。
あやみの問いかけに、ぼくの思うところを話せたらと思います。

ドラマ24『新宿セブン http://www.tv-tokyo.co.jp/shinjuku_seven/』第9話に、こんな場面がありました。


東洋一の歓楽街 新宿歌舞伎町で『七瀬質店』を営む人も物も偽物を憎きまでに嫌う七瀬(ななせ)http://www.tv-tokyo.co.jp/shinjuku_seven/cast/ は、今から30年前裏社会を生きる父親代わりの男『セン』と共に日本~アジア~日本と放浪している時、石を扱う露天で高価な物を当てるよう問題を出された。

まだ幼く鑑定眼を持つには程遠かったが、センは外した七瀬に石には運や相性があると言い、『坊が気になったんなら、それは何か引き寄せられる理由があるんだ』眠っている自分の力を引き出す石『セイクリッドセブン』のネックレスをプレゼントしてくれた。

あれから30年後。

七瀬は『新宿一の鑑定士』と呼ばれるまでの確かな鑑定眼を持ち、貴金属やブランドバッグなどにとどまらず、臓器や拳銃までありとあらゆるものが持ち込まれる質店を営み、裏社会にも通じ、『七つ屋』の愛称で引っ張りだこになりながら、人と物を巡る物語から絡み合った糸を解きほぐし、依頼人の悩みや問題を解決へと導いていく。


結婚し、『通帳はひとつにまとめたほうがいいよね』妻から言われ、通帳を渡したその日から音信不通。誰も信じられなくなり、仕事も失い、全財産を失くして新宿に流れ着き、死のうとしたところを七瀬に拾われた『健太(けんた)』。

『わたしを鑑定してください』ある日血の付いたパーカーを着て質店に現れたものの、記憶喪失で何も憶えていない。それ故所持品だけでは正確な鑑定は出来ないと、記憶が戻るまで七瀬・健太と共に働くことになった『華(はな)』。

コリアンバー『エルドラド』オーナーママで、七瀬の過去も知る情報通の『エリカ』。
同じく新宿という街の情報通で、七瀬らの行きつけの中華料理屋を営む『シノブ』彼らと共に。

新宿

この街で『セン』のことを調べ、『セン』を殺したヤツを見つけるために。
セイクリッドセブンのネックレスを片時も離さずに。


質店に健太と共に居候していた華が、ある日突然姿を消した。血の付いたパーカーを着て質店に現れ、記憶喪失で何も憶えていない華だったが、止まり木である新宿の街に根を下ろし、七瀬や健太と共に街を歩き、社会や人の表裏を嫌というほど目にし、行く先々での出会い、華の過去を知る人との出会いや所持品の返却を糸口に、パズルのピースがカチカチと組み合わさりながら忌まわしい記憶が戻り始めていた。

名前は、『ユキ』。

鏡に映るもう一人の自分から教えられた母親の彼氏にされたことに苦しむ自分。蛇のように絡みつき金をせびる母親の存在と、スマートフォンに残る執拗な着信履歴。そんな呪縛から逃れられずに、スマートフォンの出会い系アプリを使って一緒にラブホテルへと入った男がシャワーを浴びている隙に、現金と換金できるものを抜き取って姿を消す。風俗に身を置く一方、そんなことを繰り返していた。


ある日もカモを連れてラブホテルへと入り、男がシャワーを浴びている隙に現金と金目のものとしてライターをめざとく見つけて盗み、いつものようにオサラバしようとした時だった。激しく扉をノックする音が響いたかと思うとドアを蹴破り、いかにもその筋の物騒な連中がなだれ込んできた。身の危険を感じ、ドアが蹴破られる前にクローゼットの中へと逃げ込んだ華。隙間から見える先では、身も凍るような事態になっていた。

シャワーを浴びている男を引きずり出したかと思うといきなり青龍刀で切りつけ、言いようのない死の恐怖と苦痛を与え、盗み出したものを出せと迫っている。切りつけられた男の名は、張栄志(ちょう えいじ)。新宿の街を牛耳るチャイニーズマフィア黄幇会(こうばんかい)の構成員ではあったが、因縁のある黄幇会を壊滅させようと手段を選ばず目論む新宿西署の刑事 近藤昭人(こんどう あきひと)の手引きで内通者となり、壊滅へと繋がる証拠の入ったロッカーの鍵を盗み出し、ライターに隠して持ち出していたのだった。

痛みと死の恐怖からライターの中だと口を割ったものの、所持品をいくら探してもライターは出てこない。しびれを切らした黄幇会構成員らは命乞いする声など聞こえないとばかりに、なんの迷いも躊躇もなく青龍刀を再び振り下ろし、裏切り者に死の制裁を加えた。

その後も部屋をくまなく探す黄幇会構成員ら。なんとしても見つけなければ、ボスの王(ワン)から制裁が下る。制裁を恐れまだ調べていないクローゼットへと構成員の一人が手を伸ばした時だった。パトカーのサイレンが鳴り響き、厄介事を避けたい連中は潮が引くように消えていった。


目を醒ますと華は、クローゼットの中でへたり込んでいた。すぐに異変に気づいた。記憶が無いのだ。クローゼットの中から飛び出し、所持品を床にぶちまけた。持ち物を見ても、自分が誰か判らない。なぜここに居るのかも判らない。あまりの恐怖から記憶喪失になっていた。ただ、クローゼットの隙間から見た断末魔の叫びと血しぶきの様だけは、鮮明に記憶に刻まれていた。

惨劇のあった場所へと向かうと、血しぶきも死体も何もない。自分が見たあの光景は何だったのか。その時だった。パーカーにぽたりと滴が落ちた。見上げた先の天井には、氷柱の赤ん坊のような血の滴があった。

あの後あの男がどうなったのか。

気が付くと華は、恐怖と錯乱から着の身着のまま新宿の街へと逃げ出し、行くあてもなくふらついた路地の先に見た『7』の文字の看板から七瀬の店を訪れていた。


本物にこだわる七瀬は、記憶喪失の華の所持品だけでは正確な鑑定は出来ないととりあえずとして500円の鑑定結果を出したが、『記憶が戻るまで質店をおまえの居場所としていい』正確な鑑定は記憶が戻ってからあらためてと居候させることとなった。


姿を消した華が鑑定テーブルの上に残していったのは、偽りの自分の価値500円硬貨だった。


姿を消して狼狽する健太に対して七瀬は、記憶が戻ったのだからもう戻ってこない。去る者追わずを貫くが、健太は仲間だからと、なんとか力になりたいからとエリカやシノブに協力を求めて、自ら『手伝いたい』と申し出てくれたシノブの店の看板娘 栞(しおり)と共に探しに出掛けていった。

新宿中のネットカフェなど華が立ち寄りそうなところをしらみつぶしに当たるものの、一向に足取りは掴めない。所持金も少なく、そんなに遠くまでは行けないはずなのに。

するとそこへ、黄幇会の構成員らが現れた。健太たちにはまだ気づいていない。慌ててビルの陰に栞を匿い、奴等が行くのを息を潜めて待った。黄幇会の構成員らは、華が七瀬質店を最初に訪れた時持ち込まれたライターの存在を掴み、七瀬が居ない時を見計らって質店を訪れ、首元にナイフを突きつけて健太にライターを出すよう脅したり、七瀬、健太、華、エリカ、シノブ、近藤等を始終マーク。華がなんらかの事情を知っていると踏んで、華と共にライターの在り処を血眼になって探していたためだ。

なんとかやり過ごし、華を再び探そうとした時だった。栞がどうして危険を犯してまで華を探そうとするのか。健太に尋ねた。



栞:探す必要あるんですか?

(自ら探すのを手伝うと言いながらの言葉に戸惑う健太)

健太:えっ?

栞:

だって、マフィアの物、持ってたんですよね。
華ちゃんも、ヤバイ人かもしれないじゃないですか。

健太:いやぁ・・でもさ・・

栞:

なんで危険な目に遭ってまで守ろうとするんですか?
あの子のこと。

健太:

自分でもよく判んないけど・・
でも・・多分・・仲間だから。

栞:

仲間?
ホントの名前も知らないのに?
記憶喪失じゃなくて、わたしたちのこと騙してたかもしれないのに?

(健太にも過去を振り返れば思うところがあるのだろう)
(ぎゅっと唇を噛み締めた後)

健太:

・・騙しててもいいよ。
人は、本当のことだけじゃ生きていけないから。
みんな嘘とか、秘密とか、抱えながら生きてるんだよ、きっと。

(再び危険を顧みず探しに行く健太の背中を見つめる栞)
(秘密を抱える栞の胸には健太の言葉が刺さっていた)



人はなぜ黒を見ると『穢れている』と思うのでしょう。


上京して、しばらくして帰郷すると、『都会の色に染まった』とか、『すっかり変わったな』などと、暗に『おまえは穢れた』と言う人が居ます。

親の庇護を離れ社会に漕ぎ出せば、荒波に揉まれ、知りたくもない人間の愚かさや醜さを、抗する術もなく嫌というほど眼にします。嘘もつくし、秘密も抱える。赤子の時は真っ白だった心も、いつしか黒くなってしまうことでしょう。

眼にするだけでなく、自分でも犯罪にこそならないものの愚かなことをしでかしたり、醜い言動で自身や相手を傷つけ、取り返しのつかないことをし、心を黒くしてしまうこともあるでしょう。


でもその黒は、愚かさや醜さだけで染まった黒でしょうか。


あやみが上京し、過ごした5年。自分を変えたいと仕事にも、恋愛にも臆することなく飛び込んでいって、同世代の誰よりもあやみはあまたの色に自分を染めてきたのではないでしょうか。


冒頭のことばをもう一度書きます。



烏は、昔は白い烏だった。

洒落者で、他の鳥たちよりも自分が一番綺麗になりたいと願っていた。
そこで、知恵者の梟に一番美しい色に染めてほしいと頼んだ。



黄色


でも、どの色でも満足しなかった。

もっと美しく。
もっともっとと。

そして、重ね塗りを繰り返すうちに、白かった羽根は真っ黒になってしまったという。



暗に『おまえは穢れた』と言う人の眼には穢れの黒にしか見えないかもしれませんが、どんな色にも染まれると誰よりも重ね塗りをした末の黒でもあることを、どうか忘れないでください。

『都会の色に染まった』『すっかり変わったな』などという言葉は、言う人の内なる不満の捌け口として矛先を向けられたに過ぎないのですから。


長野の地より。
落伍者からのエールに代えて。

ヒロより。
2018.4.16


追伸

いつ帰ってきても売り切れで、『食べたい』って言っていた『納屋橋デニッシュ(http://www.7884.co.jp/commodity/item17.html)』。贈っておいたから、召し上がれ。